結ノ歩訪問看護ステーション東山では、新型コロナウィルスの流行に伴い

感染症対策の一環として

ICTの活用、自宅からの直行直帰を採用しています。

 

具体的には各スタッフにiPad、社用携帯電話、原付バイクを貸与しています。(バイクにかかる費用は全て会社負担

iPadを使って訪問記録、勤怠管理、スケジュール管理、電子カルテの閲覧、書類の作成や確認が可能です。

今後、新型コロナウィルスの流行が収束しても、この働き方は変更せず、

有効に時間を活用してもらえる働き方を継続していきます!

 

 

以下に、具体的な1日の流れをご紹介します!

 

8:00〜 スタッフ各自が検温結果、体調を専用SNSにて報告

8:30  始業

9:00  訪問開始

訪問スケジュールに応じて自宅から訪問先へ直行

お昼までに2〜3件の訪問

訪問先でiPadから専用アプリを通じて「看護記録」を記入することで、電子カルテと連動

    注意事項や基本情報などいつでもiPadから確認・変更可能

 

12:00 昼休憩(1時間)

    どこで休憩するも自由

事務所で休憩をする場合は、他スタッフと感染症対策に則した昼食を

また、必要に応じてミーティングアプリでビデオ通話を用いて、スタッフ間のコミュニケーションや情報交換

 

13:00 訪問再開

午後からは3〜4件の訪問

適宜、ご利用者の件で他事業所との連絡

同僚間の情報共有は、専用SNSを用いてチャット形式で行う

空き時間にはどこからでもPCまたはiPadにて書類作成可能

 

訪問が終了次第直帰し、自宅待機

 

17:00 申し送り(ビデオ通話を活用)

事務所・屋外・自宅それぞれの場所から申し送りに参加して情報共有

17:30 終業

基本残業なく終業可能。

これまでの実績では、1ヶ月の一人当たりの平均残業時間は60分以下

 

 

そのほか、勉強会・会議、コミュニケーションZoomを用いてテレビ電話形式で適宜実施

ご利用者の支援方針についても適宜チームカンファレンスを実施しており、支援方針の共有・修正を図っています。